ヨーグルトメーカー プラスでギリシャヨーグルトを作ってみた!

DSC_1155

ずっと前から気になっていたヨーグルトメーカー。
ヨーグルトだけじゃなく、甘酒や納豆、チーズなんかも作れる。

一番作りたかったヨーグルトの中でも、ギリシャヨーグルト。

ホントに上手くできるのかどうか?
半信半疑なところも・・・

今回は、購入した「ヨーグルトメーカープラス」の紹介とギリシャヨーグルトを作ってみたのを記事にしています。

  

ヨーグルトメーカープラス リーズナブル

今回、購入したヨーグルトメーカーは、こちらのヨーグルトメーカープラスです。

今、流行っている牛乳パックでできる簡単なヨーグルトメーカーです。
ただ、はじめはアイリスオオヤマさんのヨーグルトメーカー プレミアムが欲しかったんですけど、お値段が安いヨーグルトメーカープラスを購入しました。

ちなみに、人気のヨーグルトメーカーはこちらの記事でも紹介していますよ^^

⇒ヨーグルトメーカーはどれがいい?売れ筋人気ランキングとおすすめは?

DSC_1146

注文してから届くまで時間がかかりました。
人気があるので入荷次第発送で、5月下旬頃予定のものでした。
DSC_1149

裏面はこんな感じです。

DSC_1155

箱を開けると付属品は、取扱説明書と計量カップです。

ヨーグルトメーカーでギリシャヨーグルトを作ってみた!

DSC_1168

どのギリシャヨーグルトを使うか、
少し迷いましたが、

「濃密ギリシャヨーグルト パルテノ」にしました。

ヨーグルト成分3倍で味も濃厚、
高タンパクで低カロリーでクリーミー、
これが作れるなら毎日がすごく贅沢です。

牛乳は、最もポピュラーな?明治の「おいしい牛乳」500ml

作り方は?

DSC_1159

とりあえず、取扱説明書のとおりに作ってみます。

①常温に出しておいた牛乳のパックの注ぎ口を完全に開きます。

②種菌となるヨーグルトを入れたよくかき混ぜます。
DSC_1161

ヨーグルトの分量は、取扱説明書の「プレーンヨーグルト使用時」の目安量を入れてみます。
DSC_1174

牛乳が500mlに対して、25ml~30mlです。
計量カップは付属品でついていますので、それを使用します。
DSC_1178

③そして、底までよくかき混ぜてクリップなどでフタをします。
クリップがなかったので洗濯ばさみにしました。

④牛乳パックごとセットして、説明書の通りの温度と時間設定にします。
DSC_1158

温度は約40℃、タイマー8~10時間と説明書にあるので、
DSC_1180

DSC_1181

40度と8時間に設定。

今回はちょっと出来上がるかどうか不安だったので、
8時間やったものと後で10時間やったものを2つ作りました。

⑤設定時間が来れば、ヨーグルトメーカーの時間のランプが消えます。
消えたら冷蔵庫の中で冷やします。

ということで、ここまでやって出来上がったギリシャヨーグルトです。
DSC_1183

これが8時間設定のギリシャヨーグルト。
DSC_1186

これが10時間設定のギリシャヨーグルト。
少しだけ水分が少ない感じですね。DSC_1196

お皿に入れて並べてみます。

真ん中が本家「パルテノ」
左が8時間。
右が10時間。

さっそくですが、食べてみます。

う~ん、ふつうに美味しいヨーグルトです。
酸味もほとんどなくて、牛乳の味が残っている感じです。
しっかり固まってはいます。
DSC_1200

でもでも、ギリシャヨーグルトというよりも普通にプレーンヨーグルトに近いですね。

DSC_1198

もともとの「パルテノ」のネットリ感には程遠いです。
決めの細かさが全然違います。

10時間にした方が少し固めにはできています。
また、そこの方に行くほど固めになっています。

DSC_1202

これはこれで美味しいですし、
メープルシロップをかけて食べたら最高です。

でも、ヨーグルトを作るにはすごく簡単で、
これから我が家で活躍してくれそうです^^

失敗なのかどうか?思っていたものとは違うので、
このあたりは分量や牛乳などを変えたりしてもう一度挑戦したいですね。

ヨーグルトメーカープラスでヨーグルトを作る時の注意点

今回は初めてなので、ヨーグルトメーカープラスで作る時の注意点を簡単にまとめておきます。

・牛乳やヨーグルトは新鮮なものを使用すること
・牛乳やヨーグルトは使用する時には常温に戻しておくこと。
・使用不可となる材料

低温殺菌牛乳・加工乳・乳性飲料・フルーツ、ゼラチンなどの添加物入りのヨーグルト

・汚れや雑菌がつかないように手洗いや牛乳やヨーグルトに直接触れないこと。
・よくかき混ぜないとヨーグルトの出来上がりが安定しない。

最後に

後から知ったんですが、ギリシャヨーグルトはヨーグルトを「水切り」することで、
濃厚なクリーミーなヨーグルトになるらしいです。
ということは、水切りするともっとパルテノに近くなるのかもしれないです。
次は、「水切り製法」も勉強して作ってみたいと思います。
また、他のギリシャヨーグルトや牛乳を変えたりしていろいろと挑戦してみたいですね。
その時は追記していきたいと思います。

追記⇒ヨーグルトメーカーで作ったギリシャヨーグルトを水切りしたら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です