レンジでチンして作るポテトチップス!チンしてチップスの口コミ?

レンジでチンしてポテトチップスができる、
「チンしてチップス」がヘルシーで人気になっていますよね。
ポテチってすごくおいしいけど、子供のおやつとして、あまり食べさせたくないっていうのは本音です。

今回はチンしてチップスの口コミと
それが、ホントにヘルシーなのか自分なりに調べて見ましたので参考にしてみてください。

レンジで簡単にポテトチップス!チンしてチップスの口コミ

スライサー付きでじゃがいもを簡単にレンジでポテチにできる便利アイテム。
じゃがいも以外にもレンコンやかぼちゃもできます。

チンしてチップスの口コミ

使い勝手は?
・レンジによって時間は追加した方が良い。時間が足らないと柔らかいです。目安はパリパリ、じゃがいも1個100gで9分でした。
・最初から上手にでき、足りない時は10秒ずつ様子を見てやるとパリパリに。
・一回で仕上がる量が少なく、手間がかかる。
・スライサー付きなので時間もかからずお手軽に作れてよかったです。
味は?
・私の好みから言うと、油分が無い分なんだか物足りないけど、2歳の子供は間食したので良かったです。
・あっさり、しかしじゃがいもの味は濃厚で揚げてないおかげで指もべとつかない。
・特に味付けしなくても美味しい。
・油を使わないので食べやすかったです。
・ノンオイル、ノンソルトのポテチの味は悪くなく、コレを食べると市販のポテチはどうにも身体に悪そうである。
・こどもにスナック菓子はあげたくないので、試しに買ってみましたがとても良い商品です。

ポテトチップスやフライドポテトは体に悪い?

子供が大好きなポテチやフライドポテトはなんとなく、
塩分とか油とかで体に悪い、ジャンクフードのイメージを持たれているとは思います。

現実に近年の研究によって、ポテチやフライドポテトには「アクリルアミド」という有害物質ができることがわかってきました。
このアクリルアミドは、炭水化物を多く含む食品を高温( 120 ℃以上)で、
揚げたり焼いたり炒めたりすることで食品のなかに含まれる還元糖と反応してアクリルアミドに変化する。

アクリルアミドは厚生労働省のホームページでも
「人に対しておそらく発がん性がある」と分類されている化学物質になります。

また、食品の中でも、じゃがいもはアクリルアミドが作られやすい食材で、
実際に農林水産省のアクリルアミドの含有実態調査でも、ポテチやフライドポテトは高い数値を示しています。

と、ここまでなんか不安をあおるみたいになってしまいましたが、
どのぐらい食べると人体に影響を及ぼすか?などまだまだわかっていないことも多く、多くの国で研究されているというのが現状。

私も読んでいてかなり難しかったのですが、
こういう事実は、子供を持つ親として知っておきたいことですね。
さらに詳しくは、厚生労働省や農林水産省のホームページで見てみるといいですよ。

チンしてチップスはホントにヘルシー?

油で高温で揚げるわけではないですが、電子レンジの調理でこのアクリルアミドができるのか気になります。
ここも、農林水産省のホームページに答えがあります。
「調理法を工夫すると、アクリルアミドができにくくなります」の項目の中で、
電子レンジを使用するとアクリルアミドをできにくくする効果が期待できるとあります。
なので、油で揚げるよりは断然ヘルシーというのはわかったので少し安心です。

最後に

うちの子供みたいにかなりポテチやフライドポテト、揚げ物大好きなのでいろいろと心配はあります。
かなり偏った食生活なので。
子供が、ポテチ食べたい時にちょっとずつ作ったりしてみたいと思います。
ポテチを完全に食べないようにするのは無理だとは思いますが、
ごくたま~に食べる程度にしておきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です